• ホーム
  • 注射がうまい看護婦さんの特徴

注射がうまい看護婦さんの特徴

白い錠剤と花

病院に行ったときに治療や検査のために注射をするということがあります。
しかし注射が好きという人は少なく、看護婦さんによってはとても痛みを感じると言うこともあります。
このような注射のうまさやへたと言うことに関しては、受ける側にとってはとても心理的は負担となってしまいます。

そこで注射がうまい看護婦さんの特徴は次のようなことが考えられます。
若い看護婦さんは経験が浅いと言うことで下手というように考えられていますが、一概にそうとも言えません。
1年目くらいの人であれば下手という人も多くなっていますが、2年目や3年目となるとかなり上手な人もたくさんいます。
注射を行う処置室の掃除に関しては、毎日看護婦が行っているので、この時に注射の準備に手間取っていたりと言うことがあればその看護婦さんは要注意の可能性が大きくなります。
また注射をする際には針を入れるスピードや神経の分布が大きく関係しています。
したがって注射がうまい看護婦さんの特徴としては、血管にねらいを付けてさっと勢いよく入れるというと言うことを行っています。
また注射の種類によっても痛みは異なってきます。
採血は血を取るだけの注射ですが、静脈注射の場合には薬液を注入しなければいけないので痛みは強くなる傾向があります。