• ホーム
  • 男性機能やPE症の回復に下半身のトレーニング

男性機能やPE症の回復に下半身のトレーニング

勃起ができなかったり十分な硬さにならない男性機能、コントロールできずにすぐ射精してしまうPE症など、性行為が満足に行えないことは男性の大きな悩みとなります。
こうした問題は、通常なら治療薬などを使って改善するものですが、現在の治療薬は一時的に改善するだけで、根本的な解決にはならないのが実状です。
男性機能やPE症などは、普段から下半身のトレーニングを行っていれば解決するようなものばかりです。

また、下半身トレーニングとは言っても過酷な運動をするわけではないので、安心して実行することができます。
勃起に関する問題であれば、海綿体に流れる血流量が原因になることが多く、血の巡りが悪いことから勃起力が低下するものです。
日頃から1日に20回程度のスクワットをするだけでも、下半身に停滞した血液を上手く循環させることができ、勃起の際にも血液が流れやすくなるので効果的です。
また、田舎の人は車に頼った移動を中心にしているので、都会の人より運動量が少ないことが多いです。
そのため、普段から歩くクセをつけ、普段の買い物などは徒歩で行うなどすると良いでしょう。

射精のコントロールができないPE症の人は、排泄をコントロールする筋肉である骨盤底筋のPC筋を鍛えると、ある程度の射精のコントロールが効くと言われています。
この筋肉は肛門の括約筋と連動しているので、締めたり緩めたりを繰り返すだけで鍛えることができます。
また、男性器の増大にも効果があると言われているので、サイズが気になる人も試して見ると良いでしょう。
5秒置きに肛門に力を入れる、緩めると1日20回も繰り返せば鍛えられるとされています。
男性機能はこうしたトレーニングだけでも改善することができるので、仕事の合間などで試してみましょう。