• ホーム
  • AGAの薬は男性機能が衰え性生活に支障をきたす?

AGAの薬は男性機能が衰え性生活に支障をきたす?

男性にとって薄毛を発症するにはとても辛いこと。
抜け毛や薄毛が増えていくと外見的にも大きな変化が生じ、自分の姿にコンプレックスを持ったり、人との付き合いの点でも引っ込み思案になるなど数々の影響を被ってしまいかねません。
そんな事態を回避する上でも適切な薄毛治療を行って早期に症状を改善させることが大切です。

薄毛を引き起こす原因には様々なものがありますが、最近特に注目を集めているのがAGAという病気です。
これは男性ホルモンと頭皮にある特殊な酵素が反応してDHTという物質を作りだし、これを毛乳頭が感知するとすぐに頭髪のヘアサイクルを成長期から退行期、そして休止期へと移行するように指令を出してしまうのです。

こういったAGAの症状を改善する上ではクリニックで飲み薬を処方してもらい、これを服用するという治療法が一般的です。
これを飲むと男性ホルモンや頭皮の特殊な酵素の働きを抑制し、DHTの分泌量を抑えることが可能となるのです。
ただしこのAGAの特効薬と言われる飲み薬を服用する上では副作用にも注意が必要です。
というのも男性ホルモンを抑制する性能があることから勃起不全や性欲減退といった男性機能に関する支障が生じてしまうのです。

こういった男性機能に関する変化については事前にきちんと把握していればそれほど驚くようなことではありません。
しかし、恋人や伴侶と言った性生活のパートナーがいる場合にはそれらの男性機能の変化が二人の関係性に大きな影響を与えることになりかねません。
もしもこれまでの性生活のサイクルに影響を与えるようであれば相手側が欲求不満に思う可能性もありますし、また日頃から子供が欲しいと考えている夫婦であれば性生活の変化が関係性に影を落としてしまうかもしれません。
こういった問題や関係性のズレを生み出さないためにも、AGA治療に入る前にはきちんとした合意と理解が必要といえるでしょう。